変額保険とは?変額保険の特徴・種類について

保険えらびと言ったら!みつばちほけん

保険の見直し相談トップ > 変額保険とは?変額保険の特徴・種類について

保険 変額保険

変額保険とは?変額保険の特徴・種類について

変額保険とは?変額保険の特徴・種類について

「変額保険」という保険をご存知でしょうか?
他の保険とは違い、契約者が支払った保険料の一部を「特別勘定」というもので保険会社が運用していく保険で、その運用実績によって将来受け取る保険金や解約返戻金の金額が増減する保険です。
これだけ聞いてしまうと、「なんだか難しそう・・・」とか、「リスクを負うのはいや!」と感じる人も少なからずおみえになるでしょうね。
でも本当にリスクだけの保険商品なのでしょうか?
そもそもこの変額保険とは何を目的として開発され販売されているものなのでしょうか?
ぜひこの記事を最後までお読みいただき、変額保険の存在意義をご理解いただく事により、
・変額保険とは何なのか?
・そもそも何のために存在しているのか?
・変額保険はどのような時に選択すべきなのか?
・変額保険はどのような時には選択しない方が良いのか?
などなど、皆様にとってより良い保険選びの一助になれば幸いに存じます。

1.変額保険とは

1-1変額保険

変額保険とは、契約者が支払った保険料の一部を保険会社が「特別勘定」で運用し、その運用実績によって将来受取人がうけとる保険金や保険を解約した時に戻ってくるお金(解約返戻金)が増減する保険のことをいいます。

保険会社は契約者から預かった保険料を「一般勘定」「特別勘定」と呼ばれる別々の財布に分けて管理し、それぞれ資産運用を行っていますが、どの保険料がどちらの勘定に入るかは、保険商品のタイプにより異なります。

1-2一般勘定

変額保険以外のいわゆる普通の保険では、契約者から預かった保険料の一部を、一般勘定というもので運用しています。一般勘定は主に国債などで運用しており、保険契約締結時に約束されていた予定利率は保障されています。予定利率とは保険会社が契約者に約束する運用利回りのことです。

仮に運用結果が悪くても、保険会社の責任となりますので、契約締結当時に約束した保険金やあらかじめ設定した解約返戻金はその通り払います。一般勘定で運用する保険の中には一部、利率変動型の保険もあり、それらは金利情勢によっては解約返戻金の金額が変動しますが、最低保障金額が設定されており、契約当初に約束された最低保障金額については守られます。

1-3特別勘定

変額保険は、契約者から預かった保険料の一部を特別勘定というもので運用しています。特別勘定では株式や債券に投資して運用していきます。具体的には「国内株式型」「外国株式型」「外国債券型」「不動産」などを組み合わせて運用します。いわゆる投資信託のようなものとお考えいただければイメージがしやすいでしょうか。
長い期間運用していくので、その間に世界情勢や経済情勢もかわってきますから、特別勘定の中身を変更することができます(積立金の移転)。また、複数の特別勘定を組み入れていた場合、その比率も変更可能です。

運用実績がよければ、保険金や解約返戻金が増加しますが、運用実績が悪ければ、解約返戻金が減少します。
特別勘定で運用される保険の資産は、先にご説明した「一般勘定」で運用される普通の保険の資産とは明確に区別されており、その損益はすべて契約者の責任となります。

2.変額保険の種類

2-1終身型

文字通り身が終わるまで続く保険のことをいいます。これが終身型の特徴で、運用実績によって保障額が変動します。契約を解約した際に生じる解約返戻金額も実績によって変動します。尚、解約返戻金には増減がありますが、被保険者の死亡時に支払われる死亡保険金については契約に定めた保険金額を上回ることはあっても、下回ることはありません。

2-2有期型

保険期間が一定なのが有期保険の特徴で、運用実績によって保障額が変動します。契約期間の満期をむかえると、実績に応じた満期保険金が受け取れます。
有期ですので保険が終了してしまうと、保険の効果は期間終了後にはなくなります。保険料を払い続けることがないので契約した期間までの保険料の支払いになります。
保険期間中に被保険者がお亡くなりになった際に支払われる死亡保険金については契約時に定めた死亡保険金額を下回ることはありませんが、満期保険金や解約返戻金には最低保障がないので基本保険金額や払込保険料総額を下回ることもあります。

2-3年金型

決められた年齢になると、支払った保険料を元に年金を受け取れます。変額保険の運用の状況によって保険金額が変わる仕組みと合わさった年金保険で、運用実績によって年金支給額が変動します。支払った金額よりも多く年金を受け取れれば嬉しいですが、状況によっては、元本割れ(支払った保険料よりも最終的に受け取れる金額が少なくなってしまうこと)になってしまうことがあります。そのため、変額保険を活用する際にはこのリスクを覚悟した上での運用が重要になってきます。

3.変額保険のメリット

3-1インフレ対策になる

これこそが変額保険の最大の特徴、かつ最大のメリットであり、変額保険がこの世に存在している意義といっても良いでしょう。
一般的には変額ではない普通の保険はリスクが無くて、変額保険はリスクがあると捉えられがちですが、はたして本当にそうでしょうか?これについて説明していきます。

生命保険、特に終身保険の場合は一般的に長期間に渡って加入し続けるものとなります。
例えばですが、30代で加入された方が平均寿命を全うされお亡くなりになった場合を想像してみてください。ご遺族が死亡保険金を受取るのは何年後くらいになりますでしょうか?現在の平均寿命から推定すると、おそらく50年~60年後になりますよね。
その間、物価水準が同一であり続けるということは想像できますでしょうか?ちなみに過去50年間ではどうだったのでしょうか?みなさまの周囲に50年前と今とを比較して、現在の方が値下がりしたという物はどれくらいありますでしょうか?
食料品・住宅・自動車・家電製品・石油・ガス・水道・・・・この50年間、短期的に見れば物価は上昇したり下降したりを交互に繰り返していたかと思いますが、長期的に見て50年前より値下がりしたものは極めて稀であることは誰でもお分かりいただけるかと思います。

変額保険は先の特別勘定の説明のところでも書きましたが、株や債券などで運用を行います。その運用益によって保険金額や解約返戻金額が変動します。
例えばですが、30代で加入された方が平均寿命を全うされお亡くなりになった場合を想像してみてください。ご遺族が死亡保険金を受取るのは何年後くらいになりますでしょうか?現在の平均寿命から推定すると、おそらく50年~60年後になりますよね。
そして、多くの人がモノやコトをより欲するようになればなるほど、そのモノやコトの価値自体も上昇していきます。これが資本主義の基本原則です。
モノやコトの価値や価格が上昇していくとき(インフレ時)に、それに連動して上昇する可能性がより高い株式や債券などで運用し、保険金額や解約返戻金額を増やそうとしている変額保険は、まさにこのインフレに対応するための保険ということが出来ます。
そしてこれこそがこの変額保険の存在意義といえるでしょう。

逆にいえば、変額ではないいわゆる普通の定額の生命保険は、契約時に定められた保険金額は基本的に定額のままで変動せず、50年経っても変わる事はありません。でも50年経って仮に世の中の物価水準が倍になってしまっていたとしたら、その保険金額の相対的な価値は実質半分に目減りしてしまった事と同じことを意味します。
こう考えると普通の保険はインフレに対応できず、実質価値が目減りする可能性があるというリスクが常に存在しているということになります。

3-2死亡保険は最低保証されている

極めて投資性・運用性の高い変額保険のもうひとつの大きな特徴は、それはこの金融商品があくまでも“保険”であるということです。
変額保険はその投資性からしばしば投資信託と比較されることがあります。変額保険も投資信託も、株式や債券を中心に運用し資産を増やそうとしている点においては極めて似通った性質を持っています。
だからこそ、この2つの最大の違いは変額保険はあくまで生命保険であり、保障が必ずついていて、そしてこの保障(死亡保障)には最低保障があり、死亡保険金受取時に契約時に定めた死亡保険金額を上回ることはあっても下回ることはないという点になるかと思います。
当然ですが投資信託には保障という概念自体がありませんし、最低保障などもありません。

4.変額保険のデメリット

4-1運用リスクがある

変額保険は、死亡保険金には最低限保障があるものの、解約返戻金や満期保険金についての最低保障がないことは先にご説明した通りです。タイミングによっては払い込んだ保険料総額を大きく下回ってしまうこともあり得ます。要は運用次第なのですが、いずれにしても数年程度の短期的な運用や、期限が定められた運用には変額保険はあまり向いているとはいえません。

4-2保険料の全額が特別勘定運用となる訳ではない

変額保険の仕組みは投資信託と良く似ています。そこで変額保険と投資信託はどちらがいいのかという比較の議論になることがよくあります。
当然どちらにもメリット・デメリットが存在していますが、簡単にいってしまうと
「死亡保障が必要なら変額保険」
「単純に資産運用だけが目的なら投資信託」
となります。
メリットのところでも説明しましたが、変額保険はあくまでも保険であり、死亡保障があることが大きな特徴です。上記でもお伝えしたように死亡保障と貯蓄性や資産運用性も兼ねてお考えになるのであれば積極的におすすめしたい金融商品になります。
ただ、それに対してのデメリットは“保険”という機能がある分のコストも相応に負担しなければならないという点です。
変額保険の場合、支払った保険料が単純にそのまま全額運用に回るのではなく、保険としての機能を維持するのに必要なコストはあらかじめ差し引かれます。
当然ですが、投資信託に保険の機能はありませんので保険機能としてのコストはかかりません。

つまり、保険機能は不要、あくまでも資産運用だけの目的で金融商品を考えるのであれば、変額保険よりも投資信託のほうが有利であるということがいえます。

5.変額保険が向いている人、定額保険が向いている人

ここまでに何度も説明してきましたように、変額保険はその運用成果についての責任を負うのは契約者や被保険者や保険金受取人であって、少なくとも保険会社ではありません。
よって、あくまでも自己責任という一言に尽きると思います。損失も果実もすべては自身で負うのです。
だからそれがどうしても嫌な人は、やめておいた方が無難でしょう。
逆に、変額ではない普通の保険、定額の保険にはインフレに弱いというリスクがあることを理解し、それを少しでも回避したいと考えている人にとっては大いに魅力的で、十分に検討の余地がある保険商品ということがいえます。

一方で、定額の保険は、運用で損失が生じた場合でも契約者や被保険者、保険金受取人は影響を受けることなく、その責任はあくまでも保険会社が負い、保険金額、解約返戻金が一定です。そこにメリットを感じる方、将来インフレは起こらないと確信している人、自ら責任を負うのは嫌な方には定額の保険の方が向いているといえます。

まとめ

ここまで変額保険に関して説明してきました。
いかがでしたでしょうか。
変額保険は難しそうだな~とか、ちょっと怖いなぁ・・・という気持ちに少しは変化が出ましたでしょうか?
変額保険は運用リスクがある商品ではありますが、死亡保険金額が最低保障されている点はポイントで、それを目的と考えるなら、そのリスクはあまり大きなものではないということがいえるかと思います。
確かに運用にはリスクをともないます。当たり前のことです。でも銀行にお金を預けておいても増えない時代ですから、多少のリスクをとってでも増やしにいかないと将来の不安がなかなか消えることがない時代でもあります。

もしあなたが死亡保障を必要としており、貯蓄を兼ねてリスクを負ってでも資産を増やしたいとお考えであるなら、しくみとリスクをしっかりと理解したうえで、変額保険に挑戦してみるのもいいかもしれません。

決めかねている人は、ファイナンシャルプランナーや変額保険に詳しい保険のプロに相談しながら無理のない範囲で始めてみてはいかがでしょうか。

★ 合わせて読みたい記事