保険でもらったお金には税金がかかる?保険金と税金について

保険えらびと言ったら!みつばちほけん

保険の見直し相談トップ > 保険でもらったお金には税金がかかる?保険金と税金について

保険 保険金と税金

保険でもらったお金には税金がかかる?保険金と税金について

保険でもらったお金には税金がかかる?保険金と税金について

保険という目に見えない商品は、加入した時点では単にお金(保険料)を払うだけですが、保険が本来の力を発揮するのは保険金や給付金を受け取るときです。
いざという時にそなえて加入した保険から保険金を支払ってもらえた時、保険に加入していて良かったと心から思うことでしょう。
ただ、気になるのは「この保険金には税金がかかるのかどうか?」という点ではないでしょうか。
せっかく保険に入っていても、受け取った保険金から税金が差し引かれ、手元に残ったお金が思ったよりも少なかった、これでは足りない、ということがないようにするためにも加入時には税金のことも含めてプランを考え、「万が一のとき実際にどのくらい保険金を受け取ることができるのか?」ということをしっかり把握しておく必要があると思います。
ここでは保険金や給付金、そして年金のように分割で受け取る保険金に対して、どのような税金を課される可能性があるのかについて順番に説明していきます。
契約の形態によっても税負担は変わってきますので、保険金受取時の事も踏まえてどのようにすべきかについてもお伝えできればと思っております。これから保険を契約しようという方のご参考になれば幸いに存じます。

1.受取った保険金が課税対象となるのはどのようなケースか?

保険金を受け取ったとき、かけられる税金には3種類あります。所得税、贈与税、相続税で、基本的にはいずれかの課税対象になります。この3つを簡単な言葉で説明すると、

  • ・相続税・・・相続で財産を取得したときにかかる税金
  • ・所得税・・・収入として得たお金に対してかかる税金
  • ・贈与税・・・生きている個人から財産をもらったときにかかる税金

そもそも税金とは、「利益を得た時」にかかるものですから、利益が発生しなければ税金はかからないということになります。

具体的にどの税金が課されるかどうかについては、保険金の種類に加えて、

  • 契約者   (保険料を負担している人)
  • 被保険者  (保障の対象となっている人)
  • 保険金受取人(保険金を受け取る人)

これらそれぞれが誰であるかによって変わってきます。
課税対象となる代表的な保険金としては、死亡保険金、満期保険金・解約返戻金、年金保険金などが挙げられますので、それぞれについて見ていきましょう。

1-1死亡保険金

まずはもっとも一般的な、死亡保険金を一時金でまとめて受け取る場合からお話します。
死亡保険金に課される税金は、契約者、被保険者、受取人のそれぞれが誰なのかによって異なってきます。
では夫を被保険者とした場合の死亡保険金のケースで見ていきましょう。受け取るのは夫が死亡したことによる保険金ですので、受取人は当然ながら夫以外の誰かということになります。

<夫が保険料を支払っていた場合 ⇒ 相続税>
夫が自分で保険料を負担していた場合、つまり契約者と被保険者が同じ場合です。この場合、死亡保険金は亡くなった夫が支払った保険料をもとにしたものになります。この場合の保険金は正確にいえば相続財産ではありませんが、相続税の計算時には「みなし相続財産」として取り扱われますので課税の対象となります。

この保険金を被保険者の相続人である妻や子が受け取る場合には、残された家族の生活保障という重要な目的を持った財産になりますので、一定の金額までは非課税となる税法上の特典があります。もちろん受取人が相続人以外のときは、非課税の扱いは認められていません。

<妻が保険料を支払い、妻が保険金を受取った場合 ⇒ 所得税(一時所得)>
次に、たとえば妻が夫を対象とする死亡保険の保険料を負担し保険金を受け取るケース、つまり契約者と受取人が同じ場合です。この場合は、妻が支払った保険料をもとにした死亡保険金を妻自身が自分で受け取ることになりますので「妻の所得」として扱われることになり、所得税の課税対象として扱われます。
ちなみに、このケースで受け取った死亡保険金は「一時所得」となります。

参考までに所得税には以下の10種類の区分があります。

  • ・利子所得(法23条)
  • ・配当所得(法24条)
  • ・不動産所得(法26条)
  • ・事業所得(法27条)
  • ・給与所得(法28条)
  • ・退職所得(法30条)
  • ・山林所得(法32条)
  • ・譲渡所得(法33条)
  • ・一時所得(法34条)
  • ・雑所得(法35条)

一時所得(いちじしょとく)は、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で、労務その他の役務又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないものをいいます。
保険金の他には、たとえば、懸賞金、競馬などの払戻金、落し物を拾ったときに受ける謝礼などがこれにあたります。

<妻が保険料を支払い、夫の兄弟が保険金を受取る場合 ⇒ 贈与税>
最後に、実際にこのような加入をすることがあるのかどうかはわかりませんが、例えば妻が保険料を支払い、夫の兄弟が保険金を受取るような場合、つまり契約者と被保険者と受取人がすべて違う人の場合です。
受取人である夫の弟は自分以外の誰かが支払った保険料をもとにした死亡保険金を受け取ることになりますので「贈与によって取得した財産」とみなされ、贈与税の課税対象となります。

1-2満期保険金

では次に満期保険金や解約返戻金を一時金でまとめて受け取る場合です。

  • ・満期保険金 (養老保険などが満期となったときに受け取ることが出来る保険金)
  • ・解約返戻金 (終身保険や養老保険などを途中で解約したときに受け取ることができるお金)

この場合、誰が保険料を負担し、誰が保険金を受け取るのか?がポイントになります。つまり契約者と受取人です。それによって課される税金の種類が変わります。
ちなみに、被保険者が誰であるのかは全く関係がありません。

<夫が保険料を支払い、夫が満期保険金を受取る場合 ⇒ 所得税(一時所得)>
夫が生命保険の保険料を支払い、自分自身で満期保険金あるいは解約返戻金を受け取るような場合、つまり契約者と受取人が同じ場合ということです。
このケースでは、死亡保険金の時と同じように、自分で支払った保険料をもとにした満期保険金あるいは解約返戻金を自分で受け取ることになるため「夫自身の一時所得」として扱われ、所得税の課税対象となります。

<夫が保険料を支払い、妻が満期保険金を受取る場合 ⇒ 贈与税>
夫が保険料を支払い、妻が満期保険金を受取るような場合、つまり契約者と受取人が違う人の場合も、やはり死亡保険金のときと同じように、受取人は自分以外の生きている誰かが支払った保険料をもとにした満期保険金を受け取ることになりますので「贈与によって取得した財産」として扱われ、贈与税の課税対象になります。

<源泉分離課税が適用されるケースについて>

  • ・一時払い養老保険などで保険期間が5年以内のもの
  • ・保険期間が5年を超えるものであっても5年以内に解約した場合など

これらは「金融類似商品」とみなされ、満期保険金・解約返戻金による所得は他の種類の所得とは合算はされず、一律で20.315%の源泉分離課税が適用されます。

1-3年金保険

年金保険金とは個人年金保険など、たとえば60歳、65歳などに達した時点から10年間、15年間、もしくは一生涯にわたり、毎年継続的に受け取ることのできる保険金です。
年金保険金に対して課される税金の種類については、満期保険金・解約返戻金と同じように、契約者と受取人、つまり誰が保険料を支払い誰が保険金を受け取るのかによって税金の種類に違いが出てきます。

<夫が保険料を支払い夫が年金保険金を受取る ⇒ 所得税(雑所得)>
契約者と受取人が同じ、たとえば夫が個人年金保険の保険料を自身で負担し自分で年金保険金を受け取るようなケースです。この場合も死亡保険金や満期保険金のケースと同じように自分で積み立てた保険料をもとにした年金保険金を自分で受け取ることになるため所得税の課税対象となります。ただし年金は継続的に受け取るもので一時的な所得ではないため他のどの所得にも分類できない「雑所得」として扱われます。

<夫が保険料を支払い妻が年金保険金を受取る⇒ 贈与税(受取開始時)、雑所得(毎年受取る年金)>
たとえば夫が契約者として保険料を支払い、妻や子が個人年金保険の年金保険金を受取るケース、つまり契約者と受取人が違う場合です。基本的な考え方は死亡保険金や満期保険金のケースとよく似ています。ただ、少々複雑な課税方法になっています。
自分以外の人が支払った保険料がもとになっている年金保険金ですから、受取人からみれば「贈与されて取得した財産」となる点に変わりはありません。ただここからが少々複雑です。
「贈与されて取得した財産」となるのは年金保険金の受取りを開始する初年度だけです。
これを正しく説明しますと、まずは初年度に「年金を受取る権利(年金受給権といいます)」に対して贈与税がかかるようになっています。そして2年目以降はあくまでも「年金」として扱い「雑所得」として扱われ、受取る都度所得税の課税対象となります。
年金保険金の課税については、以前は贈与税と所得税が二重に課税されている時期がありましたが、現在では二重課税を避けるように法律が改正されています。

1-4収入保障保険の死亡保険金

死亡保険金を分割(年金)形式で受け取るケースです。基本的な考え方は死亡保険金と年金保険金を組み合わせたようなかたちになります。

<夫が契約者及び被保険者で、受取人が妻 ⇒ 相続税(受取開始時)、雑所得(毎年受取る保険金)>
1-1の死亡保険金のところでも書きましたが、死亡保険金は「みなし相続財産」として扱われますので、初年度の保険金受取時は相続税の課税対象となります。ただここからが一括受取の死亡保険金とは違うところで、課税対象になるのは1-3年金保険にも登場しました「年金受給権」になります。もちろん死亡保険金を一括で受取る時と同様に、相続人が受取るときに非課税枠を適用できます。
そしてこれも同じく、2年目以降は「年金」となり「雑所得」として扱われ、毎年受取るたびに所得税の課税対象となります。

<妻が保険料を支払い、受取人も妻 ⇒ 所得税(雑所得)>
妻が保険料を支払い、夫が被保険者、受取人が妻、つまり契約者と受取人が同じケースです。この場合は「年金受給権」が保険料負担者から他の人に移らないことになるので、死亡保険金はあくまでも年金とみなして「雑所得」として所得税の課税対象となります。自分で保険料を支払った個人年金保険の年金を自分で受取るときと同じです。
このケース、妻のクレジットカードで保険料を支払い、ポイントを貯めることのみを目的として行なわれているケースが時折見受けられます。でもいざというときの保険金受取時の課税が変わってしまう恐れがありますので注意が必要です。

<妻が保険料を支払い、夫が被保険者、夫の弟が受取人 ⇒ 贈与税(受取開始時)、雑所得(毎年受取る年金)>
このケース、弟は妻が支払った保険料をもとにした保険金を受取ることになりますので、初年度の保険金受取時は「贈与された財産」と見なして「年金受給権」に対する贈与税の課税対象となります。2年目以降は「雑所得」として所得税の課税対象となります。

2.課税対象となる保険金の金額と課税の計算方法について

受取る保険金が、相続税、所得税、贈与税のいずれかの課税対象になるといっても、では必ず税金を払わなければならないのかといいますと、必ずしもそうではありません。条件や金額によっては支払わなくても良いケースもあります。では実際に課税対象となる保険金の計算方法を見ていきましょう。

2-1相続税

相続税は、相続によって財産を取得したときにかかる税金です。死亡保険金は、正確に言えば相続財産ではありませんが、相続税計算の対象となる場合は亡くなった方の財産として扱われます。
これを「みなし相続財産」といいます。

<受取人が配偶者・子・父母・兄弟などの相続人であった場合>
この場合の死亡保険金は残されたご家族の以後の生活を保障する大切な財産となりますので、非課税枠があり、一定の金額までは課税対象となりません。

非課税限度額=500万円×法定相続人の数

例)相続人:妻と子1人(計2人) 夫の死亡保険金:4,000万円
非課税限度額=500万円×2人=1,000万円
みなし相続財産=4,000万円-1,000万円=3,000万円

尚、相続人以外の人が死亡保険金を受け取る場合には、この非課税の扱いは認められていません。

この例ですと3,000万円が相続税の課税対象額となっているのでけっこう税金がかかりそうだなと思われる方も少なくないと思います。
ただ、これは死亡保険金に限った話ではないのですが、そもそも相続税には課税の対象から除外できる「基礎控除額」が設定されています。
これは相続とは、それまでに築いた資産を残された家族に引き継ぐという性質のものだからです。

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

例)相続人:妻と子1人(計2人) 夫の死亡保険金:4,000万円
みなし相続財産=3,000万円  その他の相続財産:2,000万円
基礎控除額=3,000万円+600万円×2人=4,200万円
課税遺産総額=5,000万円-4,200万円=800万円

このように、相続税には比較的大きな基礎控除額が認められています。

さらに相続税では、配偶者に課税優遇措置があります。
配偶者が実際に受け取る相続財産が、1億6,000万円を超えるまで相続税がかからないのです。
つまり上記の例でいいますと、死亡保険金の課税対象額は3,000万円ですので、配偶者が死亡保険金を全額受取っても最終的には非課税になります。この相続税の強力な優遇措置は配偶者だけのもので、子や孫や兄弟姉妹の場合は残念ながら認められていません。これは子が相続した場合に比べて、配偶者が相続した場合は次の相続までの期間が短く一つの財産に対する税負担が重くなりすぎること、また配偶者が被相続人の財産形成に協力したことを考慮するとともに配偶者の生活を保障するためでもあるそうです。

2-2所得税

所得税は、なんらかの手段で所得を得たときにかかる税金で、10種類に分類されており、そのなかで保険金への課税に関係してくるのは「一時所得」と「雑所得」です。

<一時所得>
一時所得とは「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外のもので、労働や資産の譲渡(売却)による対価としての性格がない一時的な所得」とされています(所得税法第34条一項)。

<一時所得の課税対象金額の計算式>
課税対象金額=(総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額50万円)×1/2

この式に受取った保険金を当てはめるとこうなります。
課税対象金額=(受取った保険金-支払保険料-50万円)×1/2

この式を読み解くと次の場合は保険金に対しての所得税がかからないということになります。

  • ・取った保険金が50万円以下
  • ・受取った保険金よりも支払保険料の方が高額
  • ・受取った保険金>支払保険料だが、その差額が50万円以内

また、所得税にはすべての人が対象となる基礎控除が38万円ありますので、この他の所得がないのであれば保険金の課税対象金額が38万円以内の場合は非課税となります。

<雑所得>
雑所得は「他のいずれにも該当しない所得」で、公的年金や年金形式で受け取る生命保険金、作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料、アフィリエイトの収入やインターネットオークションの売金などがこれにあたります。

<雑所得の計算式>
雑所得の金額=1年間の総収入金額-必要経費

この式に受取った年金保険金をあてはめると
課税対象金額=1年間に受取った年金保険金合計額―1年分の支払保険料)

必要経費としての1年間の支払い保険料は、次の式で計算します。
1年分の支払保険料=年金金額×(実際に支払った保険料総額÷年金の総支給見込み額)

「年金の総支給見込み額」トータルで受け取ることが出来ると思われる年金保険金額のことで、次の式で計算します。

・確定年金 ⇒ 年金金額×支給期間
たとえば年金50万円、支給期間10年という場合は50×10=500万円になります。

・終身年金 ⇒ 年金金額×平均余命※
※所得税法施行令の「余命年数表」で規定されているものを指しています。

雑所得の場合は次の場合は所得税がかからないことになります。

  • ・受取った保険金よりも支払保険料の方が高額
  • ・雑所得の金額が基礎控除の38万円以内

※一時所得のような50万円の特別控除額、課税対象額を1/2にできる制度はありません

注意点としては、所得税がかかる場合、それは=所得があるということになりますので、翌年になると住民税が課税されることになるという点です。

2-3贈与税

贈与税は、生きている個人から財産をもらったときにかかる税金です。
自分が保険料を負担しておらず、みなし相続財産ではない場合は受け取った保険金は贈与財産と見なされ、贈与税の対象となります。

<贈与税課税対象金額の計算式>
課税対象金額=受け取った保険金-基礎控除額110万円

贈与税にも基礎控除額があるので、同年内で他に贈与を受けていない場合は保険金が110万円以内であれば非課税となります。ただ、贈与の場合は受取人はそもそも保険料負担をしていませんので、所得税の計算のように支払保険料を差し引くことは出来ません。

3.保険金 非課税対象

ここまで保険金の課税について説明してきましたが、税金がかからない保険金もありますので、ここで説明していきます。

ここまで保険金の課税について説明してきましたが、税金がかからない保険金もありますので、ここで説明していきます。

<火災保険や地震保険、自動車保険などの損害保険の保険金>
損害保険の保険金とは、なにかしらの損害が発生した時にその損害を補てんするために支払われるものです。実際に損害が発生した際にそれを補うためのものですので利益は得ていないので損害に対して支払われる損害保険の保険金は非課税になります。

<入院給付金、手術給付金など>
病気やけがを原因とした死亡を伴わない生前給付金に関しては課税されません。医療保険などの体にまつわる保険の場合、損害保険のようにかかった医療費などの実費が支払われるわけではありませんが、こちらも非課税になります。ちなみにがん保険や所得補償、介護年金のような保険金も非課税になります。
※確定申告で医療費控除を受ける場合、かかった医療費からもらった給付金を差し引く必要があります。

<リビングニーズで受取った保険金>
医師から余命6ヶ月の宣告をされた時に、死亡保険金の一部を自分で受け取れるという特約があり、この特約によって保険金を受け取った場合です。これは、被保険者(保険の対象者)が残された時間を有意義にすごすためや、お金の心配することなく十分な治療を受けるためなどの目的で受け取る保険金ですので、こちらも非課税になります。また死亡保険の高度障害保険金を本人が受取った場合も非課税となります。

まとめ

以上のように、保険金に課税される税金は、保険金の種類や契約者・被保険者・受取人の組み合わせによって異なるということがお分かりいただけたかと思います。同じ金額であれば相続税がいちばん低く、次に所得税、そして贈与税がもっとも高くなっています。さらに相続税の場合は、非課税枠や基礎控除額が他よりも大きいので税負担はかなり軽減されます。
これらのことを踏まえると、死亡保険金の場合は契約者と被保険者を同一人物にして、相続人を受取人に設定しておくのが税法上は有利になることが多いと考えられます。
被保険者が保険料を負担することが困難である場合は、契約者と受取人を同一人物に設定することにより所得税扱いとなますので、贈与税の課税を回避することが出来ます。
これと同じように年金保険金の場合も、契約者と受取人を同一人物にすることにより所得税が適用されるようになり贈与税の課税を避けることが出来ますので、一般的に税金負担が軽くなるケースが多いと言えます。
死亡保険や個人年金保険、収入保障保険などへの加入を検討されている方は、保障内容はもちろんですが保険金を受け取るときにどのような税金を課税されるのかについても十分に注意し、保険設計をしてもらうとよいでしょう。

★ 合わせて読みたい記事