ネット保険が選ばれる理由と留意点

保険えらびと言ったら!みつばちほけん

保険の見直し相談トップ > ネット保険が選ばれる理由と留意点

保険 ネット保険

ネット保険が選ばれる理由と留意点

ネット保険が選ばれる理由と留意点

いまや生活のかかせないインターネット。パソコンはもちろん、タブレットやスマホ等の普及に伴い、若い方に限らず、高齢の方まで幅広い年代で親しまれています。情報収集や買い物もインターネットでという方も多いと思いますが、最近ではインターネットで販売される保険、いわゆるネット保険も、よく目にするようになってきました。ここではネット保険の定義や一般の保険とどう違いがあるのか、そして今ネット保険が選ばれている理由などネット保険を様々な確度から見てきたいと思います。

1.ネット保険とは

ネット保険とは、保険会社のホームページ等から見積もりや申し込み、加入手続きの全てをインターネット上で完結する保険のことです。ネット保険は、時間、場所を選ばず、自分に合う保険を選ぶことができる便利な加入方法であり、より多くの方が選択肢にあげることが可能な保険チャネルと言えます。

2.ネット保険と一般保険の違い

ネット保険とは、インターネット上で見積もりや選定、申し込みなどの手続きをすべてできる保険のことを指すと先ほど述べました。では、ネット保険と一般的な保険にはどのような違いがあるのでしょうか。まず、両者の相違点について見ていきたいと思います。

2-1申込方法

ネット保険では一般的な保険と違い、加入手続きや保険商品の選定から申し込みまでを保険会社のホームページ等で行うことができます。
詳細の内容を検討する際には、ホームページで要求された条件を入力し、保険料の見積もりを出して比較することが可能です。また、紙のパンフレット等でより詳しく知りたいといった場合もネット上にて資料請求が可能です。商品、プランの選定後は、ホームページのフォームに従って必要事項を入力し終えると、申し込み完了となります。なお、申し込みの際にはメールアドレスと本人名義のクレジットカードあるいは金融機関の口座が必要となります。保険会社により必要な情報が異なる場合がありますので、詳しくは各保険会社のホームページで確認ください。

2-2保険金の請求

保険金を請求する際には、まず電話などで保険会社に連絡する必要があります。
連絡後、保険会社から保険金の請求に必要な書類が届きます。必要事項を記入し、押印した請求書や診断書を、その他必要書類と合わせて保険会社に提出すると、保険金の請求が完了します。

2-3ネット保険の種類

ネット保険では、以下のような種類の保険を確認することができます。
死亡保険、収入保障保険、医療保険、がん保険、引受基準緩和型・限定告知型保険、自動車保険、バイク保険、海外・国内旅行保険、ゴルフ保険、レジャー保険 ※当社調べ

ネット保険の商品ラインナップは生命保険だけではなく損害保険の商品に加入することができます。ただし、保険ショップなどで取扱いのある外貨建保険といった保険は、現在のところネット保険では取り扱っていない傾向があります。そのため、あくまで相対的に見てですが、取り扱われている保険の種類は一般の保険よりは少ないといえます。

3.ネット保険の選ばれる理由

ネット保険は、いつでもどこでも、インターネットを通じて加入できるということが一番の特徴と言えるでしょう。ここでは、その他にネット保険が選ばれる理由について詳しく見ていきたいと思います。

3-1自分のペースで選べる

ネット保険ではインターネット上でやり取りを行うため、自分の好きな時間に申し込みすることが可能です。
また、申し込みが完了するまでの手順もインターネット上で全て完結できるよう設計されているため、一般的な保険と比べると手軽で簡単にできると言えるでしょう。人によっては、1日で、保険選びから保険料の見積もり、そして申し込み手続きを済ませることが可能になっています。

3-2保険料が安い

ネット保険の保険料は従来の保険よりも安いといわれており、そのようなプロモーション活動をしているネット保険も見受けられます。インターネットで、やりとりを行うため、保険の販売にかかる営業マンやショップ等の場所にかかるコストを大幅に削減できるということです。
しかし、ネット保険だから必ずどの保険よりも安いと言い切れるのでしょうか。新たな商品が次々と登場する保険業界のなかで、必ずしも保険料が安いと言い切ることは難しいといえます。検討する際には、様々な保険と比較をして保険料について正しく把握することが必要といえるでしょう。

3-3申し込みが手軽

ネット保険は24時間問い合わせ、申し込みに対応しています。そのため、いつでも、どこでも、加入したい保険商品を選んだり、申し込んだりすることができます。また、保険ショップなどにわざわざ出向いたり保険の営業マンを自宅に呼んだり、喫茶店等のスペースで相談をする必要もなく、自宅で家族と相談したりしながらそのまま申し込みができます。対人販売ではないため、保険会社側による特定のプランへの勧誘もなく、自分のペースで手軽に検討、申し込みをすることが可能です。

4.ネット保険の留意点

ネット保険の選ばれる理由を見てきましたが、逆にネット保険で注意が必要なこともいくつかあると思います。ここでは、留意点を中心にご案内します。

4-1保険の種類が少ない

ネット保険の場合、先ほどのネット保険の種類でみたように、保険ショップ等で取扱いのある一般的な保険と比較すると選択肢が限られるといわざるを得ません。
そのため、保険に様々な条件を求める人や豊富な選択肢の中から最適なものを検討したい人の要望を全て満たすということは難しい場合があります。

4-2診査に違いがある

ネット保険では、ウェブサイト上および必要書類を通じて告知された情報のみによって保険会社側が引き受けるかどうかの診査を行います。そのため、一般の保険のそれと比較した場合、どうしても保険会社側が診査の際に使用できる判断材料は限られてしまいます。従ってネット保険の診査は対人型で申し込む一般の保険と違いが出てしまいます。

4-3保険の知識が必要

ネット保険の場合は相談にのってくれる相手がいません。そのため、自分で加入したい保険を判断しなくてはなりません。
自分で保険の知識を身に付け、商品内容を理解する必要があります。手軽に申し込めるというのがネット保険の良いところではありますが、逆に保険に詳しくない人にとっては困難かもしれません。
また、当然ですが、すべてインターネット上で完結するため、一定のインターネットの知識も必要となります。

5.ネット保険の未来

ネット保険は、留意点があるものの依然、注目度が高く、生命保険、損害保険共に今後も進化していくものと思われます。そのネット保険の発展に大きく影響を与える可能性のある動きがあります。それはインステックと呼ばれるものです。ここでは、まだ実現していないものも含めたネット保険、ひいては保険業界の未来の話にふれていきたいと思います。

5-1今注目のインステックとは?

「InsTech(インステック)」という言葉をご存知でしょうか。「保険(Insurance)」と「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語。テクノロジーを使って、新たな金融サービスを創出する「FinTech(フィンテック)」の保険業界版が「InsTech」といえます。

5-2FinTech

IT技術を使った新たな金融サービス「FinTech(フィンテック)」。金融を意味する「FinTech(ファイナンス)」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。

フィンテックの事例の一つとしてモバイル決済があります。スマートフォンなどに小さな器具を取り付けるだけでクレジットカード決済が出来るというものです。

従来はクレジットカード決済端末という大きな機械を購入し、それを電話回線などにつなぐことでクレジットカード決済は行われていましたが、フィンテックを活用したモバイル決済では携帯電波で決済が出来るので、最小限の器具のみでクレジットカード決済が出来るようになりました。

また、自動で家計簿が作れるクラウド家計簿というもの登場しています。手書きで家計簿をつけなくても、自動で家計簿をつくることが出来るクラウド家計簿も、フィンテックとして有名なサービスです。

5-3インステックがもたらすもの

そもそもInsTechの推進には、高齢化、人口減少といった社会的な情勢が背景にあります。
従来の生命保険は、病気にかかってからでは加入することができないか、もしくは割り増しの保険料などを支払うことになってしまい、保険を必要としている人でも入りにくいという状況でしたが、「保険に入りたいのに入れない」人を減らすという目的のもと様々な取組が進みはじめています。

これまで保険会社が保持するデータは、被保険者が加入時に提出する健康診断データと、給付金請求があったときの診断書データだけでしたが、医療ビッグデータの活用によって、どのような経過で病気になり、死に至るかといった途中のデータを得ることが可能になってきました。そうした医療ビッグデータの高度な解析に向け、AIなどの最新統計技術の研究も行われているということです。

保険の引き受け、支払い査定機能の高度化などを目指し、「引き受け範囲の拡大」「商品・サービスなどの開発への応用」などに取り組みはじめています。

また、スマートフォンなどで保険証券を撮影するだけで、その保険会社の証券の書式に合わせて自動で「生命保険証券分析シート」を作成し、保険の比較検討を容易にするという「保険証券分析アプリ」も登場しています。これまで膨大な知識と経験が求められた営業担当の負担軽減と、保険証券の解析を担当する人材の能力の個人差をなくすなど、さまざまな活躍が期待されています。

インステックの登場でネット保険の診査の変化やユーザーが保険選びの際にできることの幅が広がるなど大きな変化が起こる可能性がありえます。今後もインステックの動きは注目すべき事柄でしょう。

まとめ

ネット保険の登場は時代の流れを考えると、必然であるのかもしれません。しかしEコマースのような形あるものを購入する際の利便性やメリットは、カタチの見えない保険をネットで購入する場合、必ずしも同じようなメリットになるわけではないことが分かってきました。自己責任という言葉がありますが、こと保険については、プロのアドバイザー等から説明を聞き商品を選んだり、申込手続を行うというユーザーが多いことから、保険選びから申込み手続きまですべて自身で完結しなければいけないネット保険は留意すべき点があるということも忘れないようにしましょう。もしネット保険についてご興味があるが不安な点もぬぐえないという方であれば、商業施設等にある保険ショップに相談してみてはいかがでしょうか。最近の保険ショップでは、従来の保険の取扱いはもちろんですが、ネット保険についても取り扱うところもあるようです。
ネット保険について詳しく聞いてみたり、その他の保険と比較してみるなどして十分ネット保険について知識を得てから判断するということでも決して遅くないと思います。
是非お時間をみつけて保険ショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

★ 合わせて読みたい記事