愛知県の店舗一覧

お住まいの お近くの店舗を選択してください

店舗一覧

【愛知県】
保険相談・保険見直しの
お役立ち情報

愛知県の概説

愛知県は日本列島の中央部に位置し、中部地方の中では最も人口が多く、日本全国でも第4位の人口を有しています。県庁所在地は名古屋市で、中部地方で最大の人口を擁する都市になります。愛知県の面積は5172.92K㎡で、人口比率は尾張地方人口5,167,767人、西三河地方1,619,227人、東三河地方752,191人と尾張地方に偏っています。(2018年10月1日現在)
愛知県は、三大工業地帯の1つである中京工業地帯の中心として工業が全般に活発で、製造品出荷額等(2016年)は44兆9090億円で40年連続全国1位となっており、2位の神奈川県とは2倍以上の差があります。トヨタ自動車を筆頭に自動車関連企業が数多く存在していますし、自動車産業が発展する前は、繊維産業や、航空機産業等も盛んでした。このように盛んに工業が行われている一方で、実は自然環境にも大変恵まれており、農林水産業も東三河を中心に盛んにおこなわれています。

愛知県の病院、人口あたりの病床数は?

愛知県の病院数は323で、病床数は66,869となっており、人口10万人あたり病床数では893.60、全国平均の1,210.22と比較すると低い水準となっています。また、医師の数は14,766人で、人口10万人あたり人員数ですと197.32人となり、こちらも全国平均の233.85人を下回ります。

愛知県で多い死因・疾病、医療事情

愛知県の県医療福祉計画課 「平成28年愛知県衛生年報」によりますと、死因の第1位は悪性新生物、第2位は心疾患、第3位は肺炎、第4位は脳血管疾患、第5位は老衰となっています。
愛知県の主な医療費助成制度は以下の通りです。
・特定医療費助成制度
指定難病と診断され、疾患ごとに定められた重症度を満たす方(331疾患)
・小児慢性特定疾患治療研究事業
18歳未満で小児慢性医療費助成制度の対象疾患と診断され、疾患ごとに定められ重症度を満たす方(756疾患)
・愛知県特定疾患医療給付事業
スモン、劇症肝炎、重症急性膵炎、プリオン(ヒト由来乾燥硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病に限る。)の4疾患
※血清肝炎及び肝硬変の2疾患も、県単独事業として国の特定疾患治療研究事業に準じて医療費助成を行っています。
・名古屋市特定疾患医療給付事業
市内に1年以上居住され、突発性難聴にり患されている方で、認定基準を満たしており、健康保険証をお持ちの方

愛知県で保険相談・保険見直しするなら

愛知県は名古屋市という大都市がある県らしく医療機関は比較的充実しています。がん治療の先進医療での一つである陽子線治療を行っている施設が名古屋市内には存在しますが、陽子線治療の設備は巨大な設備となるため、他の施設の多くは郊外に立地していることが一般的で、名古屋市のようにこれだけの大都市の市内に存在するというのも実はとても珍しい事です。
ただ、先進医療としての陽子線治療料は、一つの治療部位につき「288万3,000円」となり、また陽子線治療に係る費用は保険適用外のため、全額、患者さんの自己負担となります。最近の医療保険やがん保険ではこの費用を保障してくれるものが多数あります。皆様もぜひいちど加入を検討されてみてはいかがでしょうか?ご相談は、いつでもお気軽に、お近くのみつばちほけんへぜひお越しください。

pagetop
tel.0120-328-860
【受付時間】平日 9:00~18:00
受付時間外は直接ご希望店舗まで
保険相談を予約する