お住まいのお近くの店舗を選択してください。

ご予約までの流れ

神奈川県の店舗一覧

【神奈川県】保険相談・保険見直しのお役立ち情報

▼『神奈川県の概説』
神奈川県の人口は、総数9,183,257人です。性比は(女性100人に対する男性の数)99.5。
男4,578,978人/女4,604,279人となっています。人口密度(1平方キロメートル当たり)3,801人です。
また世帯数4,116,860世帯で1世帯当たり人員2.23人となっています。
神奈川県の人口と世帯 平成30年11月1日現在
神奈川県人口統計調査結果(平成27年国勢調査結果に基づく推計人口)より
▼『神奈川県の病院、人口あたりの病床数は?』
 2017年10月現在の地域内医療機関情報の集計値(人口10万人あたりは、2015年国勢調査総人口で計算)
によると神奈川県の施設種類別の施設数は、一般診療所で5,983で、人口10万人あたりの施設数は65.56(全国平均68.04)となっており病床種類別の病床数73,823で、人口10万人あたり病床数808.91(全国平均1,210.22)となっています。
▼『神奈川県で多い死因・疾病、医療事情』
平成30年度 主要統計・参考資料 - 神奈川県 より
神奈川県の死因順位の1位は、悪性新生物で23,395人。総数に占め割合は30.2%。2位は、心疾患11,284人で14.6%、3位は老衰6,332人で8.2%。次いで4位 肺炎6,224人8.0%、5位 脳血管疾患6,094人7.9%となっている。
神奈川県のがんの罹患数は平成 25 年 56,626 人であり、昭和52年の7,967人と比較するとその伸び率は7.11倍となっています。「神奈川県悪性新生物登録事業年報」及び「神奈川県の人口と世帯」より
同じく、県の循環器疾患の総患者数は、平成 26 年では、高血圧性疾患が最も多く(高血圧性疾患593千人、虚血性心疾患43千人、脳卒中92千人)、平成 14、17 年には減少したものの、平成 20 年以降は増加傾向となっています。 患者調査 ※総患者数(患者住所地)

神奈川県にはつぎのような医療給付制度があります。
・療育の給付
 児童福祉法に基づく制度で、骨関節結核その他の結核にかかっている児童(18歳未満)が指定療育機関に入院したとき、 専門的な医療等の給付をします。
・小児慢性特定疾病医療費支給
 児童福祉法に基づき、慢性疾患により長期にわたり療養を必要とする児童等の健全な育成のため、治療に係る医療費の
 一部を助成し医療費の負担軽減を図ることを目的とした制度です。
・不妊に悩む方への特定治療支援制度
・指定難病・特定疾患・感染症に関する給付
▼『神奈川県で保険相談・保険見直しするなら』
神奈川県は全国と比較すると人口10万人あたりの医療施設数も、病床数も少ない状況です。
神奈川県の死因順位の1位は、悪性新生物、つまりはがんとなりますが、がんについては罹患数も56,626 人(平成25年)となっており、約40年前と比較するとその伸び率は7.11倍です。
このような特徴のある神奈川県で、がんやその他の大病についてもっと知りたい方やその備えとして保険を探したいという方は、

みつばちほけんは神奈川県を含め全国に店舗に展開しております。

北海道・東北店舗一覧
北海道 |  青森県 |  岩手県 |  宮城県 |  秋田県 |  山形県 |  福島県 | 
関東・甲信越店舗一覧
茨城県 |  栃木県 |  群馬県 |  埼玉県 |  千葉県 |  東京都 |  神奈川県 |  山梨県 |  長野県 | 
北陸・東海店舗一覧
新潟県 |  富山県 |  石川県 |  福井県 |  岐阜県 |  静岡県 |  愛知県 |  三重県 | 
関西・中国店舗一覧
滋賀県 |  京都府 |  大阪府 |  兵庫県 |  奈良県 |  和歌山県 |  鳥取県 |  島根県 |  岡山県 |  広島県 |  山口県 | 
四国・九州・沖縄店舗一覧
徳島県 |  香川県 |  愛媛県 |  高知県 |  福岡県 |  佐賀県 |  長崎県 |  熊本県 |  大分県 |  宮崎県 |  鹿児島県 |  沖縄県 |